ぶどう膜炎

急性帯状潜在性網膜外層症(AZOOR)について

急性帯状潜在性網膜外層症(AZOOR)について

AZOORは急に視野障害などの異常を生じる原因不明の疾患で、網膜外層の障害を認めます。
近視の若年女性に好発します。

急性帯状潜在性網膜外層症(AZOOR)の症状

症状は急性の視力低下や区域性の暗転、光視症を伴い、両眼性と片眼性の療法があります。
具体的には視界の一部が急に見えなくなった、眼をつぶっても光がチカチカするなどといった訴えがあります。

急性帯状潜在性網膜外層症(AZOOR)の検査所見

Changes in Optical Coherence Tomography Findings in Acute Zonal Occult Outer Retinopathyより引用

上記症例では右眼が患眼で左眼は正常眼です。

初期では眼底所見やFAGは正常なことが多いですが、視野検査ではマリオット盲点の拡大を認めることが多いです。
また、OCTでは視野欠損に一致した部位のEZがびまん性に欠損しているのが観察でき、同部位において多局所ERGで振幅低下を認めることで確定診断します。

カラー写真では眼底に異常無いように見えますが、自発蛍光では視神経を中心に過蛍光な病変が観察できます。
また、この過蛍光病変に一致してOCTでのEZ欠損や視野障害、多局所ERG異常を認めるのがわかると思います。

ちなみにAZOORでは一部の網膜外層がやられるのみですので通常のERGのフラッシュでは正常となります。

またAZOORは数ヶ月から数年後に視神経を中心とした帯状の網脈絡膜膜萎縮が出現するのが特徴で、自発蛍光を撮ると低蛍光となります。
この所見はAZOORに特徴的ですが必発ではなく、日本人には少ないとも言われています。

急性帯状潜在性網膜外層症(AZOOR)の治療

多くの症例は自然軽快するので経過観察しますが、視力低下が進んでくるような症例ではステロイドの投与を検討します。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA