ぶどう膜炎

点状脈絡膜内層症(PIC)について

点状脈絡膜内層症(PIC)について

点状脈絡膜内層症(PIC)は眼底に白点を認める白点症候群の一つで20〜40歳近視の若い女性に好発します。

基本的には両眼発症ですが、片眼発症もあり、めちゃくちゃ珍しい疾患というわけでは無いので若年女性の視力低下の鑑別として覚えておくと良いと思います。

点状脈絡膜内層症(PIC)の症状

両眼性で、急性の視力低下中心暗点や光視症などで発症します。

点状脈絡膜内層症(PIC)の所見

眼底所見

Punctate inner choroidopathy: A reviewより引用

眼底には黄白色の斑状病変を認めます。
後極部が中心で周辺部にはあまり見られず、病変は経過とともに瘢痕病巣となります。

他の白点症候群と比べて白点は小さいのと、境界明瞭な所も特徴的です。
PICは原因不明の炎症性疾患ですが、硝子体内や前眼部には炎症は基本的にみられません。

眼底造影検査

FAG所見は白点部分が初期から後期まで過蛍光で、IAは低蛍光となります。

点状脈絡膜内層症(PIC)の治療

PICの治療は急性期にステロイド全身投与を行います。

また、上述の通りPICでは黄斑部に白点病巣がみられ、経過とともに萎縮病巣となるのでその萎縮病巣の部分からtype 2 CNVが出てくることがあります。その場合は抗VEGF治療を行います。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA