ぶどう膜炎

多巣性脈絡膜炎(MFC)について

多巣性脈絡膜炎(MFC)について

多巣性脈絡膜炎(MFC)は眼底に白斑を生じる白点症候群の一つで30歳前後の近視女性に好発します。

汎ぶどう膜炎を伴うものと、網膜下線維化を伴うものがあり、後者の方が重症です。

多巣性脈絡膜炎(MFC)の症状

症状としては中心視力低下で発症します。
両眼性が多いですが片眼性もあります。

多巣性脈絡膜炎(MFC)の所見

細隙灯所見

他の白点症候群と違って前眼部の炎症所見を多くの症例で認めます。
具体的には非肉芽腫性の前房炎症前部硝子体の炎症を合併します。

眼底所見

眼底所見は黄白色の病変が後極部から周辺部にみられます。病変の分布は円周状に配列し、両眼性では左右非対称となります。
白点病変はMEWDSのように消えたりはせずに、PICと同じように瘢痕病巣となります。

また脈絡膜新生血管も認めることがあります。

眼底造影検査

FAGでは初期は異常なし〜過蛍光ですが、後期にかけて過蛍光となっていきます。
また白点部分だけでなく周辺血管からも蛍光漏出がみられます。

IAでは初期から低蛍光となります。

多巣性脈絡膜炎(MFC)の治療

無治療で経過観察をする場合もありますが、黄斑部近くに病変がある例などでは視力に影響するのでPSL内服0.5mg/kg/day程度からはじめます。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA